スロスのシンプルダイアリー

シアトルからアメリカ生活なんでも雑記ブログです。  

麺つゆ味が家庭の味で何が悪い?  手作り派、本格主義者にひとこと言わせて! 

最近インターネットで、麺つゆを使ってお料理するのは手抜きだとか、麺つゆで味付けする女性はいやだとか、麺つゆ派対アンチ麺つゆ派のマウンティングだとか、麺つゆがらみの記事をいくつか目にしました。

 

麺つゆといえば今は誰でもご存知だと思いますけど、そもそも麺つゆとは何なのかということでGoogleしたら、しっかりWikipediaにも麺つゆのことが書かれていました。

 

ja.wikipedia.org

 

麺つゆというのは結局はお醤油がベースで、だし、みりん、砂糖、お酒などが入っている、味付け醤油のようなものの総称なんですね。 だからお蕎麦のつゆに使うこともできるし、お醤油代わりにお料理の味付けにも使えるというわけです。

 

話題になっている麺つゆというのは、お店で売られている濃縮何倍とかいう麺つゆのことで、お醤油やみりんなどを自分で混ぜて作る手作り麺つゆのことではありません。

 

いつ頃からこのお手軽な麺つゆが使われるようになって、普及してきたのかは上のWikipediaに簡単な歴史が書いてありますけど、多分初めはお蕎麦を食べる時に使うくらいで、名前の通り麺につけるつゆとしてだけ使われていたんじゃないかと思います。 でも近頃はクックパッドとか麺つゆを使ったレシピも沢山出ているし、調味料の一つとして使っている人は多いようです。

 

私が濃縮麺つゆを使うようになったのは、そんなに前のことではありません。 アメリカでも日系スーパーなどで麺つゆは手に入るけど、じゃぶじゃぶ何にでもかけ放題!なんていう使い方を出来るようなお値段ではないので、私にとってはかなり贅沢品なのです。 でもお醤油だって日本に比べたら安くないし、だしの素とかみりんとか、いろいろ揃えるとこれまたお金がかかるから、濃縮されている麺つゆを買ったほうがお得な場合もあるので、安売りされている時にまとめて買ったりして、大事に大事に使っています。 

 

そんな大事な麺つゆを巡って論争が起こっているなんて! そんなことをああだこうだと言い合って、やっぱり日本は平和なんだなあと思ってしまったわけですけど、色々と読んでしまったからには私にもちょっと言わせて欲しいのです。

 

まずは麺つゆに関しての意見です。 

 

私の中では、濃縮麺つゆはただの調味料の一つという解釈であって、お醤油やみりんなんかを自分で混ぜて作ろうが、もうすでに混ぜられて売っているものを使おうが、全然手抜きだとは思いません。 

 

市販のものには添加物が入っているとか、明らかに体に悪そうなものなら話は別ですけど、手作りだって濃縮だって、使いすぎればどちらも体に悪いわけだし、美味しく食べれればいいじゃないですか。

 

それからいろんなものに麺つゆを使うから、お料理がどれも麺つゆ味になってしまうという意見もありました。 お料理に使う材料が違えば、同じ麺つゆを使っても、全部同じ味になるとは思えませんけど、よっぽどたくさんドボドボとかけて、元の素材の味がわからなくなるまで使うんだったらそれは仕方ないですね。 

 

それに麺つゆと一口で言っても、作っている会社によって随分お味が違います。 鰹だしとか昆布だしとか、いろんな風味があるし、甘さだって違います。 お気に入りの味があって、それを基本に生姜を足してみるとか、唐辛子を入れてみるとか、自分で何か工夫してみたら麺つゆ味だっていろいろバラエティができますよ。 

 

市販の麺つゆで味を付けるのがいけないというのなら、マヨネーズはどうですか? キューピーマヨネーズとか。 マヨネーズだって自分で作れるものですよ。 それからカレーのルー。 バーモントカレーとかこくまろカレーとか、アメリカでもいろんなのを売っていますけど、やっぱりスパイスを揃えて自分の味を作らないとだめなの?

 

私としては、何にでも使うわけではないけれど、麺つゆは調味料として重宝しているし、悪く言われているのは腑に落ちません。

 

そしてここからは、麺つゆを使うことが”手抜きだから”よくない、という意見に対しての私の意見です。 

 

これは麺つゆに限ったことではありません。 手作りが最高!と思っている人、本格的でなければいけないと思っている人に言わせていただきたいです。

 

手作りも出来る方は大いにやってください。 そして本物にこだわる方はどうぞこだわってくださって結構です。 でも自分がこだわっているからと言って、そうでない人のことを否定するのはやめていただきたいです。

 

アメリカでは子供のバースデーパーティはかなり気合をいれて盛大にする人が多くて、ケーキも大きくて立派なものが出てくることが多いです。

 

今まで何度も子供のバースデーパーティーに招待されたことがありますが、このケーキについても、手抜きかそうでないか意見を言う人がいるから驚きます。 まるで手作りケーキの方が子供に対する愛情が大きくて、お店で買ったケーキの方は手抜き、つまり愛情が足りないとでも言いたげな人がいるのです。 

 

それじゃあベイキングが苦手な親は愛情が足りないのでしょうか? まるでキャラ弁を作ってあげられないお母さんは母親失格と言っているようなものですよ。 

 

それから本格的なものを好む人に対しても言わせてください。 コーヒーは豆を自分で挽いたものしか飲まない人。 確かに新鮮な豆をゴリゴリガーガー挽いてから煎れたら美味しいに決まってます。 それから紅茶はポットで茶葉を使って煎れる人。 お茶の産地やお湯の温度、それにポットの形やティーカップにもこだわる人がいます。 こだわりがあるのはかっこいいなあと思うし、そう言う人の知識にも感心することが多々あります。 

 

でもね、インスタントコーヒーが美味しいと思う人だっているんですよ。 ティーバッグのお茶だって美味しいです。 日本のインスタントコーヒーなんて、アメリカのあやしい粉コーヒーより数倍も美味しいです。 ティーバッグだって、煎れてるところを見てなかったら茶葉かティーバッグかわからないくらい美味しいものがたくさんありますよ。 

 

こだわりのある人たちには、私の言っていることは負け犬の遠吠えに聞こえるかもしれませんね。 でも私が言いたいのは、麺つゆだろうが自分の味付けだろうが、優劣をつけなくていいじゃないか、ということです。 

 

手作りでなくても、本格的でなくても、飲んだり食べたりする人がハッピーならそれでいいじゃないですか。 麺つゆで味付けだって、献立を考えて、食材を買ってきて、切ったり煮たり焼いたり、お料理ってやることがたくさんあるんですよ。 手抜きだなんて簡単に言わないで欲しい。 きゅうりをゴロンとお皿にのせて、ほら、麺つゆかけて食べな!というならまだしも、味をつけるのに麺つゆを使って何が悪い! それでその麺つゆ味が家庭の味で何が悪い!? 

 

P.S.

以前娘の友達がうちに遊びに来た時に、お腹がすいた彼女たちのために何か作ってあげようと思ったけど、食材がなかったので残りのカレーを使ってカレーうどんを作ったんです。 ただ残りのカレーに麺つゆを入れて水を足して混ぜただけ。 でもこれが大受けで、それ以来何度も私のカレーうどんが食べたいというリクエストが来たほどでした。