スロスのシンプルダイアリー

シアトルからアメリカ生活なんでも雑記ブログです。

9割が中国人留学生の高校について考えたこと

       f:id:sebahava512:20180627090852j:plain

 

*この記事は以前別のブログで書いたものを加筆修正したものです。

 

留学生は救世主?

 

2018年4月25日付のNHKニュースウェブに、日本もとうとうそこまで来たか、と驚かされた記事を見つけました。

 

タイトルは「留学生は救世主?」。

www.nhk.or.jp

  

 

少子化の影響で、私立の学校が生徒不足に悩み、それを解消してくれたのが中国からの留学生だというのです。

 

この記事に出ていたのは、宮崎県えびの市にある日章学園九州国際高等学校という私立の学校で、この学校は全校生徒の9割が中国からの留学生だそうです。

 

入学式の写真がありましたが、入学した生徒183人のうち、167人が中国からの留学生で、日本人の生徒は16人。  体育館の中に生徒が並んで座っているのですが、16人の日本人生徒は端に固まっていて、なんとなく肩身が狭そう。  だって校長先生が中国語で挨拶して、中国の国歌を唄うんだそうですよ。  それでは小さくなってしまうのも頷けます。

 

中国の国内では大学に入るのがとても難しいので、日本の大学に入りたい、という中国人がとても多いそうです。  それに目をつけて中国に姉妹校を持ち、そこで日本語の勉強をした生徒を受け入れ、日本の大学受験準備のための勉強をさせて、中国人生徒たちを日本の大学に送り込むというわけです。

 

そしてもっと驚いたのは、人口減少に悩む自治体が、アジアからの留学生に授業料や住宅費を援助したり、その自治体で買い物をできるようにポイントカードをお小遣いとして渡しているんだそうです。  そういうことをしても、自治体には留学生を迎えることによって利益が上がるそうです。

 

外国の人にそれだけのことをやってあげられるんだったら、都市部に住む学生に住むところやお小遣いを与えて、同じ日本人を連れてくる方がいいのでは?と思うけど、そんなに単純なことではないようです。

 

それに中国から高校に留学生として受け入れても、大学に進学すると地方を離れてしまう学生がほとんどです。  地方の市町村では、一度やってきた外国人に留まってもらって、もっと人口を増やし地域を活性化したいと考えているようです。

 

日本人は地域のためと思っていても、外国人は自分のために日本に来ている

 

日本の人口は、数から見たら決して少ないとは思えません。  ただ人口の分布が都市部に集中していて、地方がどんどん過疎化しているのは問題です。  そして数字の変化が問題なわけで、昔は例えば50だった人口が、戦後どんどん増えて行って100になったとします。  それが少子化で70まで減ってしまった。  50だった頃に比べたら70は大きい数字です。  でも一度増えてしまったものが減っているから困るんですね。

 

人口が100の頃に100に合った暮らし方をしていたものを、そのまま70に当てはめて行こうとするから不都合が生じるわけで、70に合う暮らしをすればいいのに、そうは簡単に出来ないから問題なのです。

 

それで70と100の差を外国人で埋めてしまおうとしている。

 

経済的には30の外国人が差を埋めてくれるかもしれません。  でもその外国人は、自分に利益があるから日本に来ているのであって、人口が減っている自治体を救おうなんて考えて来ているわけではないでしょう。

 

外国人はいろんな職種についている

 

何年か前に日本に帰った時、両親がそれぞれ医療機関にお世話になることがありました。  その時に父のお世話をしてくれたのは、中国人の看護婦さんでした。  母が入院していた病院も、どこかアジアの国から来ている人が働いていました。

 

私が日本にいた20数年前は、外国の人が医療機関で働くなんてことは想像が出来ませんでした。  だから外国人が病院で他の日本人と同じような仕事をしているのを見てとても驚きました。

 

先日ある人から、彼女の知り合いの女の子が日本に留学していて、コンビニでアルバイトをしていると聞きました。  アメリカでは学生ビザで来た人は、アルバイトであっても仕事を持つことは出来ません。  その点日本はかなり規則がゆるいように感じます。  

 

人手不足だからあまり厳しい規則を作らず、外国人の学生でも仕事ができるようにしているのでしょうか。  

 

人気のない職場ならば、外国人でも働いてくれるなら助かるでしょうけど、日本の滞在許可(就労許可)は日本の大学を出ているともらえるらしいから、いずれもっといろんな職種で外国人が仕事を持つようになるでしょう。

 

アメリカにいる中国からの移民の家族で、私が知っている人たちは、みんな勉強も仕事もものすごく積極的です。  一番いい成績を取れ!  一番いい学校に行って、いい仕事に就け!と、親が子供を叱咤激励して、どんどん上を目指すように仕向けています。  日本でも、日本人が自分の国にいながら、いろんな職場で外国人と競争しないといけないようになるかもしれませんね。

 

日本に治療に来る外国人

 

3月30日のNHKおはよう日本では、扶養の目的で日本に来て、安く治療を受けてその後すぐに本国に帰ってしまう中国人男性の記事が出ていました。

www.nhk.or.jp

 

これは日本にいる娘に扶養されるという名目で来日し、心臓病の手術を受け、日本の医療保険を使って安く治療してもらって、その後本国に帰ってしまったという話です。

 

本来外国人が病気の治療の目的で日本に来た場合、医療保険は使えませんが、日本にいる家族がスポンサーになれば、合法的に日本に住むことが出来て、保険にも入れます。  そしてそれを悪用して、病気治療目的で来日し、治療が済んだらすぐに帰ってしまう例が増えているそうです。  そういう人たちに保険を斡旋する業者もいるそうです。  

 

日本にいる外国人がみんなそういう目的で家族を呼び寄せたりしているわけではありませんが、中にはそういう人もいるというのは事実で、もっとその数が増えていけば、日本の医療保険制度を脅かすのは必至です。

 

アメリカではアメリカの市民権を持っていても、外国籍の家族を呼び寄せることはとても時間がかかるし、難しいです。  あるラジオ番組で聞いた話では、中米出身のある女性が、国に残して来た家族をアメリカに呼び寄せるために手続きをしているが、もう20年も待っていると話していました。  

 

日本にいる外国人がそんなに簡単に家族を国から呼び寄せられて、しかも医療保険やその他の援助を受けられるのであれば、いずれ外国人の、しかも高齢者の数はかなり増えていくのではないでしょうか。  

 

高齢化社会で保険料や年金を収める若い働き手の方が少なくなるから、外国人を雇って税収を増やし、保険料や年金も増やして行きたいところなのでしょうが、それに合わせて日本人以外の人にもサービスを提供していかなければならないのだったら、そもそもよそから労働力を持って来る意味がなくなるのではないかなあと思います。  

 

まとめ

 

日本に来た外国人が、みんな日本を愛して、日本風の生活にも馴染み、日本人と外国人の壁をなくして共存していくことが出来たら、それが理想なんでしょうけど、いろんな理由でいろんなバックグラウンドを持つ人たちが国に入って来るとなると、日本の国の姿も徐々に変わっていくのではないかと思います。  

 

大半が中国人の生徒であるあの宮崎の高校では、中国の国歌を入学式に唄うのは、なんだかとっても不思議な気持ちです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

BloggerでAdSenseを申請した事に後悔して結局審査に落ちたお話

ブログもアドセンスもよ〜く考えてから始めましょう

 

そもそもブログというものを書き始めたのは、今から半年前のことでした。  検索でいろんな記事を読んでいたけど、そのほとんどが誰かがブログとして書いていたものだとは全く知らなくて、いろんな情報があるものだなあ、なんてただ感心していたくらいです。  ブログというのは日記のようなものだけだと思っていました。  そんなブログのことは何も知らない私が、あれこれと雑記ブログを書き始めました。

 

私はコンピューターに疎いので、長く続ける自信がありませんでした。  だからサーバーにお金をかけるなんて考えは頭からなし! Googleの情報を頼りに、無料で出来るブログサーバーを探して、テンプレートの種類が多かったのと、英語版もあるからきっとアメリカにいる人間がやっても問題ないんだろうと思って、FC2でブログを始めました。  

 

約2ヶ月くらいFC2で書いていて、PVも500を超える日が何度かあるくらいになったのに、ある日突然自宅のコンピューターで自分のブログにアクセス出来なくなりました。  きっとコンピューターに詳しい人がガチャガチャしたら、すぐに元に戻ったんだと思うけど、私はそっち方面は全くダメなので、手っ取り早くブログサーバーを変えることにしました。  思ったより沢山のPVがあったけど、一つの記事の読まれている数は50もあったらいい方で、それならまた書き直したっていいや、と思って、データを保存してお引越し、なんてことも面倒くさいからしませんでした。

 

ここからはその後何をしたかのお話です。  私と同じような過ちを犯して欲しくないので、これからブログを始めようと思っている人や、アドセンスに登録しようと思っている方の参考になれば幸いです。

 

目次

Bloggerを選んだ理由

 

何しろ私は無料にこだわっていたので、ワードプレスがいいよ!という記事はたくさん見たけど、初めからお金を払うサービスは抜かして探していました。  読者数が多いのではアメブロが一番だったように思うけど、これはアドセンスなどの広告を出せないと書いてあったので即ボツにしました。  

 

アドセンスとかアフィリエイトとか、初めは興味がなかったし、どうせ自分のブログを読む人なんてそんなにいないだろうと思っていたのですが、FC2の時に読者が予想以上に多かったので、もしかしたら、と欲を出してしまったんですね。  それでアドセンスは基本的に無料のブログではGoogleBloggerでしか使えないということで、単純にBloggerを選んでしまったのです。  

 

Googleにサインインすれば、メールもGoogleフォトも今まで使っていたから、一つのサイトで簡単に繋がるので、その点だけはBloggerは便利でした。  

 

それからFC2で面倒だったのは、解析は記事にタブを貼って記事ごとに登録しておかないといけなかったけど、Bloggerにはその機能がもう付いていたので、PVの数やアクセス元をすぐに調べられたからよかったです。

 

Bloggerで記事を作るのは面白くない

 

はじめにいろんな可愛いテンプレートがあるサーバーを使ってしまったので、Bloggerのテンプレートの種類の少なさとつまらなさにはがっかりしました。  結局一番シンプルなものを使って、書く内容に集中しようと努力することにしました。

 

プラグインもそれほど備えてあるわけでなくて、自分で外部から持ってきて色々とアレンジできるスキルがある人にはいいかもしれませんが、私のようなその方面に疎い人間には、見た目が楽しい、プロっぽいブログを作るのは難しいように思えました。

 

ただ写真を貼り付けるのは簡単で、デスクトップからドラッグしてきて貼り付けられました。  ただ大きさは大中小の三つだけで、自分でサイズを他のサイズには変えられませんでした。  

 

Bloggerは見た目よりも、書いてある内容で勝負!という人にはいいかもしれません。

 

Bloggerのブロガーは孤独です

 

はてなブログアメブロなどのように、その会社のブログを使っている他のブロガーとの交流がないので、Bloggerでブログを作る人たちは、積極的に読者を探していかない限りとても孤独で、記事を読まれるのが難しいです。  

 

FC2から移ったばかりの頃、古いブログでサーバーが変わったことを報告してあったので、Bloggerの方に目を通してくれる読者の方々がいました。  でもまあ、内容が面白くなかったのかもしれませんが、やっぱりよほどブックマークでもしていない限り自分のブログと関係ないサーバーの記事は読まないようで、読者の数が減り始めました。  

 

その後は記事にもよるけど、前のように右肩上がりに読者が増えることはありませんでした。 

 

よほどSEO対策をしっかりしていて、検索エンジンで上の方に来る記事をたくさん持っているか、ソーシャルネットワークでのつながりで読者を大勢確保している人でなければ、PVアップは時間がかかるのではないかと思います。 

 

BloggerAdSenseを申請した私の間違い 

Bloggerの自分のホームページに行くと、左側に収益というのが出ています。  これをクリックすると、アドセンスのアカウントを持っている人はそこから広告の貼り付けの方法とかを設定できるようになっています。

 

もしアカウントを持っていないときは、そのページからアドセンスを申請することが出来るようになっています。  ブログを始めてすぐの時には、まだ申請を出来ないようになっているらしいのですが、私はブログを始めてから1ヶ月以上たっていて、記事の数もある程度書いてから収益のところをクリックして見たので、問題なくすぐに申請出来るようになっていました。  

 

私はBloggerで二つブログを運営していました。  それでその両方にアドセンスを使うとしたら、それぞれで申請しないといけないと思って、二つのアドレスで同時に申請してしまったのです。  そうしたら二つのうち後に申請した方には、重複アカウントは持てないから、申請は受け入れられないという返事がきました。  

 

その場合重複しているアカウントを閉鎖して、一つのアカウントで申請すればいいのですが、私はどちらのアカウントもブログで使っていて、閉鎖するわけにはいかないので、まだ重複しているままなのです。  

 

もしこれがBlogger以外のサーバーを使ってブログを作っていたら、gmailアカウントそのものが、ブログのアカウントとは関係なくても使えるので、重複したメールアカウントを閉鎖するのは簡単だけど、どちらもBloggerなので、アカウントを閉鎖するということはイコールブログも閉鎖ということで、それは出来ないわけです。

 

結局審査に落ちました

 

申請から1ヶ月経って、Bloggerの私のメインページから収益のところをクリックしたら、いつもは審査中という字が出ていたのがなくなっていました。  これは合格したのかな、と期待していたのですが、そのすぐ後にメールがきました。

 

お客様のサイトは、Google AdSenseのプログラムポリシーに準拠していないか、ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していないため、現時点ではAdSenseのお申し込みを承認できませんのでご了承ください。

 

こういう内容です。  プログラムポリシーか、ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインか、どちらに準拠していないというのか、そこのところがわかるだけでも改善の仕方が変わって来ると思うんですけど、よくわかりません。

 

重複アカウントがあるからいけないのなら、それは仕方ないけど、他の理由はあれかもしれない、これかも、と思い当たることがあるようなないようなです。

 

そして一つ気になったのは、ヘルプフォーラムにBloggerでも独自ドメインがないと申請できないという記述があったことです。  よそのサイトでBloggerだけが無料のブログでオーケーだと書いてあったのは間違っていたのでしょうか。

 

( これに関してはアドセンスフォーラムに問い合わせたところ、YouTubeで取得したAdSenseから通常のAdSenseにアップグレードするときは、Bloggerでも独自ドメインで運用されたサイトでないと申請できないとの回答をいただきました。)  

  

 

どちらにしても、私が申請に使ったブログは今後PVが劇的に増えない限り、クリック式の広告では収入は期待できないし、再挑戦するための記事の再考は大変なので、今後どうしようか考え中です。

 

不承認のお返事がもう少しはっきりと理由がわかるように書かれていたらいいんですけど、理由を聞かずに別れてくれ、なんて言ってフラれたみたいで、悶々としますねえ。

 

読者の方でこれから申請を考えていらっしゃる方は、ぜひ一回でスムースに合格されるよう応援しています。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

日本の店員さんを見習いなさい!と言いたくなったお話

       f:id:sebahava512:20180627130012j:plain

 

昨日家の近所の、アメリカでは全国規模でいろんなところに店舗がある、ある大手の本屋さんに行きました。  

 

そこでブラブラしていた時に、偶然見つけたのが"3000 Questions About Me"という本で、この本に書かれている3000の質問に答えるブログを作ったら面白いかも、と思って衝動買いをしてしまったのです。  

 

そのブログはこちら↓です。  よかったら是非のぞいてみてください。

myanswers.hatenablog.com

 

さてそれは置いておいて…  

 

もう一冊"A Daughter Is Life's Greatest Gift"(娘が人生で最高の贈り物)なんていう、母さんはほろっと来てしまうようなことばかり書いてある本も買ってしまいました。

 

私には二人姉妹がいるので、親にとってはA DaughterじゃなくてDaughtersですけれど、きっと人生で最高の贈り物なんて思ってはいないだろうなあ、なんてちょっとふてくされちゃったりして。  でも私には一人娘がいるので、こっそりこんな本を買って、いつか私の本棚の隅っこにおいてあるのを娘が見つけて、彼女もほろっとしてくれたらいいなあ、なんて淡い期待をしているのです。  

 

まあ、それも置いておいて…

 

とにかく二冊の本を手にしてレジに向かいました。  

 

そのお店はとっても広いのですが、店員さんはあっちにポチ、こっちにポチッとほんの数人しかいません。  レジは4つくらいあるのに、クリスマスシーズンでもない限り、全部のレジに店員が立っていることは滅多にありません。  昨日も誰もいませんでした。  私が何気なくレジに近づいて行ったら、お買い上げですか〜?とかなり疲れた様子のお姉さんが近寄って来ました。  

 

他のレジのところはしまっていたけど、一ヶ所開いているところがあったので、そこで払うのだろうと思って彼女が来る前に本を置いて待っていたら、のそのそと隣のレジのところに立って、こっちに来い!と手招きしているじゃありませんか。  すぐそばにいるんだから、こちらのレジでどうぞ!と、なぜ一声かけられないの? 

 

日本の本屋さんだったら、店員さんが待ち構えていて、こちらへどうぞ〜!とか、必ず声をかけてくれますよ。  それにちょっとでも待たせたら、こちらが申し訳なくなるくらいに丁寧に、お待たせして申し訳ございません!ってあいさつしてくれますよ。

 

でもそのお姉さんはしらーんぷり。  そしてこの本屋に行くと必ず聞かれるんだけど、来た来た!「メンバーシップを持ってますか?」と聞かれました。  

 

メンバーシップは年間$25ほどかかります。  メンバーシップを持っていれば、商品の値段から10%引いてもらえます。  アメリカでは人気のペイパーバックとかが、20%〜30%オフとか、二冊でいくらとか、まとめて買うとお得!なんていうセールをよくやっています。  そういうセールの値段からもまた10%引いてもらえるんです。 それにその本屋さんの中にある、スタバのコーヒーを出すコーヒーショップでも10%割引してもらえます。  フラペチーノを一杯飲んだくらいだったら、50セントくらいしか割引にはならないけど、とにかく10%は安くなります。

 

でも$25の年会費の元を取って、しかももっとお得感を味わうには、そのお店で一年間に$300くらいは買い物をしないと割りが合わないわけですよ。  だから前はメンバーシップを持っていたけれど、本を買わない私には全然お得じゃないということがわかったので、いまは会員にはなっていないんです。  

 

お姉さんが「メンバーシップを持ってますか?」と口を開きかけた途端に、いいえ、持ってません、となるべく顔を見ないように、カードの支払い機の方を見ながら答えたんですけど、そのお姉さんは私のノー!の返事が気にくわないご様子。  疲れているようには見えたけど、それでもにっこりしていた顔が、一変して不機嫌な顔になりました。  そして、「あなた、このお店にしょっちゅう来てるじゃないの」と怒った口調で聞いて来たんです。  

 

そりゃあお友達とコーヒーを飲みに行くことはたまにならありますよ。  でもしょっちゅうと言われるほどでもないし、そもそも私はあのお姉さんを見たのは初めてなのに、なんでしょっちゅう来ていると知っているの? 

 

「今日買ったこの二冊の本だけでも、あんた$2も(!)節約できたのよ!」とお姉さんはお説教モードです。  昔の私だったら、そんなに言うなら会員になっちゃおうかな、と思って流されていたかもしれないけど、たった$25でも無駄にはしたくないから(と言って本の衝動買いをしているから少し無駄)、うちには必要ありませんの一点張りで応酬しました。  だって、後$23割り引いてもらえるだけの買い物をする予定ないもの。  

 

とうとう私が折れないとわかったお姉さんは、ほらよ!っとレシートを本の上に放り投げて、私に手渡しをしようとするでもなく、ただ不機嫌な顔で私がお店から出るのを眺めていました。  

 

長いことアメリカに住んでいるけど、大抵は店員さんといいお天気ねえとか、何か一言二言おしゃべりして、Have a nice day!と言ってお店を出るのに、こんな仕打ちは珍しかったです。  日本だったら絶対考えられないあの態度!  あんた、日本に行って神対応の店員さんたちを見習って来なさい!と言ってあげたかった出来事でした。  

 

家に帰ってレシートを見たら、あなたのフィードバックが聞きたいです!なんて書いてあって笑えました。  でもきっとあのお姉さんは、メンバーシップをゲットしろ!と言う指令を出されて、一所懸命頑張っていただけなのかもしれないから、許してあげるとします。  ああ、私ってなんて寛大なんだろう。

 

日本の店員さん、どこへ行ってもみんな丁寧で素晴らしいですね!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング

はじめましてのご挨拶

            f:id:sebahava512:20180626144335j:plain

 

はじめまして、M子です。

  

ブログのタイトルのスロス(Sloth)とは、動物のナマケモノのことです。  

 

スロスは生活のほとんどを木の上で過ごします。  あんまり動作がのろいから、下に降りると外敵に狙われてしまいます。  だからずっと木の上にいて、のんびり逆さまになって食べたり寝たりするのです。  

 

スロスはのんびりしているけど、いつもハッピー、ニコニコしていて、その上動いて消耗する分しか餌を食べません。  (それとも食べた分しか動かないのかな?)

 

そんなガツガツしていない、優しいスロスが大好きで、私も欲張らないシンプルな暮らしをしたいなあと思っています。

 

私は1995年からアメリカ合衆国のシアトルに住んでいます。  初めは留学生としてやって来ましたが、その後結婚してずっと同じ街で暮らしています。  大学生の一人娘とわんこが一匹。  三人と一匹の生活です。  

 

大好きなアメリカ・ノースウェストのことや、海外生活のお役に立ちそうな情報、日々考えることや、遠く離れた日本のこと、美味しいものや映画のことなど、ジャンルを問わずなんでも思いつくままに書く雑記ブログです。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング