スロスのシンプルダイアリー

シアトルからアメリカ生活なんでも雑記ブログです。

バンクーバーのケリスデールでおしゃれにハイティー

 

       f:id:sebahava512:20180710101650j:plain

 

紅茶好きの私は、いろんなティーハウスを訪れてハイティーを楽しむのが大好きです。  今までハイティーと言えば、カナダのビクトリアだと思っていましたが、今回バンクーバーに遊びに行って、随分たくさんハイティーのあるお店があるのを発見しました。  

 

お店のメニューや看板にハイティーと書いてあるので、私もハイティーという言葉を使いますが、ハイティーというのは、本当は私がいつも楽しみにしている3段重ねのトレーにのったサンドイッチやスコーンなどのティーとは違って、本当は夕方5時から6時の間に食べる、お夕飯のことだそうです。  ビクトリアン朝の頃、上流階級の家庭に仕えていた人たちが食べた食事のことです。  よくハイティーと呼ばれているものは、アフタヌーンティーとか、クリームティーと呼ぶそうです。  でもハイティーって、なんだかお上品な響きがしませんか?  お店の人がハイティーと呼んでいるから、私もここではハイティーという言葉を使うことにします。  

 

The Secret Garden Tea Company

 

Q                             f:id:sebahava512:20180710103155j:plain

 

今回私がインターネットで見つけたお店は、The Secret Garden Tea Companyというお店です。  バンクーバーの南の部分にあるケリスデール(Kerrisdale)というところには、小さいおしゃれなお店やレストラン、コーヒーショップがいくつも並んでいます。  

 

        f:id:sebahava512:20180710103606j:plain

 

南北にグランビル・ストリート(Granville St.、99)が走っていて、W. 41st Avenueと交差しています。  ケリスデールは99の西側です。  W. 41st Avenueがメインでお店が並んでいて、The Secret Garden Tea Companyは一本後ろ(北側)の通りにあります。  

 

ハイティーだけでなくて、朝とランチの単品のメニューも揃えています。  スウィーツもたくさんあるので、甘いものを食べてお茶を飲みながらおしゃべりするだけでも大丈夫です。

 

6月のハイティーはこんな感じ

 

ハイティーのメニューは一種類しかないのですが、隔月でメニューが中身が変わります。  6月と7月は夏のメニューでした。

 

          f:id:sebahava512:20180710104504j:plain

 

一番下がサンドイッチ系。  真ん中がスコーンとケーキ。  一番上がスウィーツです。  写真は二人分です。  一人分、二人分と、それぞれ大きさが違うマッチしたお皿にのせてくれて、ハイティースタンドもサイズが変わります。  私は豪華なゴールドの淵の四角いお皿でした。  真ん中にコバルトのボーダーがあって、その中にそれぞれ三枚全部違う花の絵が描いてありました。

 

       f:id:sebahava512:20180710105358j:plain

 

こちらがメニューです。  Savoriesが一番下の段です。

 

          f:id:sebahava512:20180710104844j:plain

 

丸いのが卵のピンウィール。  左下はローストビーフ。  右はツナサンドです。  この写真は一人分の半分の量です。  ピンウィールが一人4つ。  あとの2種類は2つずつです。  ひとつひとつは小さいけど、かなりの量がありましたよ。

 

          f:id:sebahava512:20180710105727j:plain

 

これは真ん中の段で、スコーンとポピーシードの入ったパウンドケーキです。  デヴォンシャイヤー・クリームとラズベリージャムが付いています。  

 

デヴォンシャイヤー・クリーム(Devonshire Cream)はクロテッドクリーム(Clotted cream)とも呼ばれています。  イギリスの乳製品で、牛乳の脂肪分の高いものを弱火で煮て、冷ましてから表面に固まる脂肪分を集めたものです。  普通の生クリームよりも脂肪分が多く、こってりとしています。  スコーンには欠かせないものですね。

 

          f:id:sebahava512:20180710111221j:plain

 

こちらが一番上のお皿です。  レモンタルト、マンゴータルト、ティラミスケーキの3種類です。  レモンタルトは甘さと酸っぱさがちょうどよくて、一番気に入りました。

 

お茶のチョイスにちょっと失敗…

 

          f:id:sebahava512:20180710111514j:plain

 

お茶は一人ひとつのポットです。  お店のロゴが入ったティーコージーがついているので、ずっと温かいまま楽しめます。  

 

私はクリーミーアールグレイを飲みました。  これはちょっと失敗だったかも。  バニラフレーバーのアールグレイで、ちょっとクリーミー過ぎ。  私はフレーバーティーよりは、アッサムとかセイロンとか、紅茶の味だけ楽しめる物の方が好きなので、お食事にフレーバーティーを選んでしまってちょっと後悔しました。  一緒に行った夫に私が勧めてあげたお茶の方が美味しかったです!  (名前を忘れてしまったのが残念)

 

ティーメニューにはブラックティー、グリーンティーを合わせて、20種類ぐらいありました。  日本の煎茶と烏龍茶もありました。  どちらかというとフレーバー系が多いです。    

 

今度は是非ダージリンとか軽くて香りのいいお茶を飲んでみたいです。

 

客層は様々

 

お店の中はかなり混んでいて賑やかでした。  入ってすぐの席には、お父さんと女の子二人の親子連れもいました。  子供用のハイティーもありました。

 

私は夫と二人でかなりカジュアルな格好で出かけましたが、全然問題なし。  店内は明るくて、オープンな感じでした。  

 

          f:id:sebahava512:20180710112954j:plain

 

これは入り口からスウィーツが売られているカウンターを見た所。  この左側にお茶が並んでいて、右側にはティーポットとかカップ、ティーコージーなどが売られています。

 

お店の情報

The Secret Garden Tea Company

2138 W 40th Ave. Vancouver, BC V6M 3W7 Canada

604-261-3070

 

下のウェブサイトにメニューや写真が出ています。  お店で売っている紅茶を、ウェブサイトから注文することも出来ますよ。  

 

secretgardentea.com 

           

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング