スロスのシンプルダイアリー

シアトルからアメリカ生活なんでも雑記ブログです。

モッツァレラとトマトのカプリース・サンドイッチ at Wildwood Market in West Seattle (レシピ付き)

 

       f:id:sebahava512:20181008100351j:plain

 

モッツァレラとトマトのカプリース・サラダは簡単で美味しいですよね。  そのサラダの材料をそのままパンにはさんであるのが、カプリース・サンドイッチ。  私のお気に入りのWildwood Marketというデリで売っています。  私はここではカプリースしか注文しないので笑われるんだけど、でも仕方ないです。  だって美味しいんだもん!

 

こちらのデリのサンドイッチの中身はこんな感じです。  ↓

 

  • チアバッタブレッド
  • モッツァレラ・チーズ
  • トマトのスライス
  • ペスト(ペストソース)
  • バルサミック・ビネガー

 

チアバッタ(Ciabatta)はイタリアのパンです。  外側はパリッと硬くて、穴が多くてスカスカしているけど、中はカサカサではなく意外としっとりしています。  

 

ペスト(Pesto または Pest alla Genovese)は日本ではペストソースといいますね。  ペストというと伝染病のように思われてしまうけど、アメリカでは食べ物の話なら、ただペストと言って普通バジルのソースのことを意味します。  バジルの葉、ニンニク、松の実、オリーブオイル、塩などを混ぜたソースです。  

 

バルサミック・ビネガー(Balsamic Vinegar)はぶどうを原料にしたイタリアの油で、芳香とかすかな甘みがあるのが特徴です。  色は黒に近い濃い茶色です。  

 

チアバッタにバルサミック・ビネガーを染み込ませ、その上にスライスしたモッツァレラ、トマト、ペストを重ねるだけ。  これでカプリース・サンドイッチの出来上がりです。  

 

ビネガーの量はあんまりびしょびしょにならないように、パンの上三分の一程度に染み込ませるのがいいです。  パンのうっすら塩味にほんのり甘みが加わって、味の強くないモッツァレラにちょうどいいです。  

 

Wildwood Marketはウエストシアトルのフェリー乗り場のすぐそばです。  ウェブサイトはこちら。  ↓

 

wildwoodwestseattle.com

 

      

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村      


人気ブログランキング